チャーチルダウンズ競馬場(ケンタッキーダービー&ブリーダーズカップ)

チャーチルダウンズ競馬場

1. 概要

1875年にオープンしたアメリカケンタッキー州にある巨大競馬場。


チャーチルダウンズの所有競馬場で、アメリカ競馬最高峰のG1レース「ケンタッキーダービー」・「ブリーダーズカップ」を観戦するため、毎年世界の競馬ファンや富豪たちが集まります。



競馬場は楕円形、アメリカ競馬の中ではゴール前の直線距離が約376mと長いことで有名です。


また、当競馬場に併設されているケンタッキーダービー博物館ケンタッキーダービーミュージアム)では、過去に大きな功績を残してきた競走馬や騎手、競馬に関する資料などの展示が随時開催されています。



2. コース特徴

●周回方向: 左回り

●芝コース: 内側1408m

●ダートコース: 外側1609m/直線約376m

●障害コース: なし

●主な開催レース
ケンタッキーダービー
ケンタッキーオークス
ブリーダーズカップ
ウッドフォードリザーブターフクラシック
スティーブンフォスターハンデキャップ
ヒューマナディスタフハンデキャップ
クラークハンデキャップ
ラトロワンヌステークス
など



3. 詳細データ

●名称: チャーチルダウンズ競馬場(Churchill Downs Racecourse)

●オープン日(開業日): 1875年

●住所: 700 Central Avenue Louisville, KY 40208

●電話: (502)636-4400

●FAX: -

●公式サイト: http://www.churchilldowns.com/

●スタンド収容人数: -

●入場料: -

●開催日: -

●定休日: -

●アクセス: -

●備考: -



4. 地図





なぜ、世界のお金持ちたちは海外競馬レースに注目するのか?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪富裕層セレブであることを知っていましたか?


いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながらブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。


★海外競馬なら資産増大も夢じゃない!?
詳細はコチラ

関連記事

2018年度ドバイワールドカップ観戦!

  1. ドバイワールドカップの観戦チケット ドバイワールドカップ観戦チケットの予約方法 …
  2. メイダン競馬場の行き方・交通手段 メイダン競馬場へ行く交通手段は? 「ドバイワールドカップ」が開…
  3. ドバイワールドカップの服装・ドレスコード ドバイは5月~11月ころまでは日々蒸し暑い日がつづき、最…
  4. ドバイワールドカップ 概要 ドバイワールドカップは、アラブ首長国連邦のドバイミーティング(旧ドバ…
ページ上部へ戻る