ムーニーバレー競馬場

1. 概要

オーストラリアの旧首都・メルボルンがあるビクトリア州の競馬場。


ムーニーバレーレーシングクラブ(MVRC)が所有する施設で、トラック形状は長方形、スタンドはすべて屋根付き、いたるところに「ウィリアムヒル」の看板・広告が打ち出されている中規模競馬場です。



tripb0040i tripb0040h

tripb0040k tripb0040j



また、近郊の「フレミントン競馬場」と異なり、最寄駅から競馬場前まで商店街が続き、非常に明るい雰囲気を感じるかもしれません。



tripb0040a tripb0040b



なお当競馬場は、世界的に有名なG1レース「コックスプレート」の開催地としても知られています。



2. コース特徴

●周回方向: 左回り

●芝コース: 1805m/直線173m( ※ 2016年改修工事で317mに変更予定

●ダートコース: -

●障害コース: あり

●主な開催レース: G1レース
コックスプレート(Cox Plate)
マニカトステークス(Manikato Stakes)
ウィリアムレイドステークス(William Reid Stakes)
など



3. 詳細データ

●名称: ムーニーバレー競馬場(Moonee Valley Racecourse)

●オープン日(開業日): 1883年9月

●住所: McPherson Street, Moonee Ponds Vic 3039(ムーニーバレーレーシングクラブ)

●電話: 1300-843-825/mvrc@mvrc.net.au

●FAX: -

●公式サイト: http://thevalley.com.au/(ムーニーバレーレーシングクラブ)

●スタンド収容人数: -

●入場料: -

●開催日: -

●定休日: -

●アクセス
1.メルボルン国際空港からサザンクロス(Southern Cross)駅まで「Sky Bus」で約20分(18AUD)。
2.サザンクロス駅からムーニーポンズ(Moonee Ponds)駅まで電車PT(PUBLIC TRANSPORT VICTORIA)で約12分(3.76AUD)。
3.ムーニーポンズ駅からムーニーバレー競馬場まで徒歩約10分。

●備考: -



4. 地図





なぜ、世界のお金持ちたちは海外競馬レースに注目するのか?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪富裕層セレブであることを知っていましたか?


いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながらブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。


★海外競馬なら資産増大も夢じゃない!?
詳細はコチラ

関連記事

2017年度「凱旋門賞」観戦!

  1. 凱旋門賞の服装・ドレスコード パリは東京の四季とほぼ同じ変化をたどるので、夏季は7~8月が暑さのピ…
  2. シャンティイ競馬場の行き方・交通手段 シャンティイ競馬場へ行く交通手段は? 「凱旋門賞」が開催さ…
  3. 凱旋門賞の観戦チケット 凱旋門賞観戦チケットの予約方法 凱旋門賞の観戦チケットは…
  4. 1. ブックメーカー馬券 おすすめ1位: ウィリアムヒルスポーツ ウィリアムヒルで単…
ページ上部へ戻る