★ スポーツブック・ブックメーカーの信頼性

スポーツベッティングは、アメリカ(ラスベガスなど)のカジノリゾート内やイギリスを中心とするヨーロッパオーストラリアの馬券売り場「TAB」やカジノ場等で楽しめる「スポーツ賭博」で、国民生活に密着して根を下ろしている世界主流のギャンブルです。


サッカー、野球、ラグビー、アメフト、テニス、競馬など様々なスポーツを対象とし、しかも賭けの対象が世界規模なので、様々な試合にベットすることが可能です。



海外では、サッカー・テニスなどのスポーツ試合や世界競馬レースを観戦しながら、タブレット・スマホなどでブックメーカーのオッズ(倍率)を確認して賭ける光景がめずらしくなく、日本で言うところの「宝くじ」、「toto」と同じような位置付けで、利用者数は年間約700万人以上、街並みのいたるところに宣伝看板があるほどポピュラーなサービスとして浸透しています。



jbm0001c



また例えば「ウィリアムヒル」のように、欧州サッカープレミアリーグテニス全豪オープン等各種スポーツ試合のスポンサーを務め、試合会場で頻繁にロゴを見かけたり、テレビ中継でのオッズ表示やアナウンサーによる人気倍率解説で一般認知されているサービスも数多く存在します。



●2009年: リーガ・エスパニョーラの「マラガFC」スポンサーとして3年間契約。

●2012~2014年: イギリスサッカーFAカップの正式スポンサー契約

●2016年: テニス全豪オープン「公式ベットティングパートナー」

スポーツ番組「ESPN」ヨーロッパサッカーテレビ中継のスポンサー契約

※ ESPNはウォルトディズニー社参加のスポーツ番組



tripb0040g tripb0040j
※ ウィリアムヒルのロゴが目立つムーニーバレー競馬場



ただ、日本では海外生活している人やコアなファンでないかぎり、スポーツを対象とするギャンブルに対して良い印象を持っていない人も多いでしょう。


これは、2010年相撲協会を解雇された貴闘力や、2015年プロ野球巨人を去った福田聡志・笠原将生・松本竜也の3投手が関与していた「野球賭博」問題等により、「スポーツ賭博=違法」というイメージがインプットされているからだと思います。



しかし、これらの賭博は「裏野球賭博」と言われる正真正銘の違法ギャンブルで、裏社会から紹介される胴元へ賭けるアンダーグラウンド賭博です。



一方「スポーツベッティング」は、海外に拠点を持ち国家政府によって合法的に公認されたブックメーカー(胴元)に賭けるシステムなので、日本の法律で違法になることはありません


※ ただしネットカフェなどの店舗内で行うスポーツベッティングは完全違法となります。



これは、日本人がラスベガスやマカオにある本場カジノへ行って、カジノで賭けを行ったとしても違法ではないこととまったく同じことなのです。



★当サイト一押しの最大手ブックメーカー
「ウィリアムヒル」の詳細はコチラ ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
as013




今月のブックメーカーランキング

1位ウィリアムヒルスポーツ ≫

jbm0001a500

0h03-10h03-10h03-10h03-10h03-1



2位W88スポーツ ≫

w88a0000-500

0h03-10h03-10h03-10h03-10h03-2



3位NetBetスポーツ ≫

jbm0001b500

0h03-10h03-10h03-10h03-10h03-2

関連記事

2017年度「凱旋門賞」観戦!

  1. 凱旋門賞の服装・ドレスコード パリは東京の四季とほぼ同じ変化をたどるので、夏季は7~8月が暑さのピ…
  2. シャンティイ競馬場の行き方・交通手段 シャンティイ競馬場へ行く交通手段は? 「凱旋門賞」が開催さ…
  3. 凱旋門賞の観戦チケット 凱旋門賞観戦チケットの予約方法 凱旋門賞の観戦チケットは…
  4. 1. ブックメーカー馬券 おすすめ1位: ウィリアムヒルスポーツ ウィリアムヒルで単…
ページ上部へ戻る