ムーランドロンシャン賞

概要

ムーランドロンシャン賞は、フランス首都・パリ「ロンシャン競馬場」(芝1600m)で開催されるG1レース(サラブレッド3歳以上)です。


ジャックルマロワ賞とともにフランスマイル路線の最高峰競馬レースですが、当レースと異なり高低差のあるコースなので、スピードはもちろんのことスタミナが求められます。



なお、賞金総額は45万ユーロに設定されています。



詳細情報

●創設: 1957年10月6日

●公式サイト: http://www.france-galop.com/(フランスギャロ)

●出走資格: サラブレッド3歳以上

●賞金額: 賞金総額45万ユーロ

●入場料: -

●ドレスコード(服装): -

●開催競馬場ロンシャン競馬場、シャンティイ競馬場

●馬券の種類ウィリアムヒル等で単勝複勝が購入可能。( 詳細はコチラ ≫
ウィリアムヒルでの具体的な購入方法はコチラをご覧ください。

●歴代参戦日本調教馬の結果
出場年 馬名 距離 着頭 騎手 調教師
1986年 ギャロップダイナ 芝1600m 10/14 柴崎勇 矢野進
1998年 シーキングザパール 芝1600m 05/07 武豊 森秀行
2003年 ローエングリン 芝1600m 02/14 後藤浩輝 伊藤正徳
2003年 テレグノシス 芝1600m 13/14 勝浦正樹 杉浦宏昭




なぜ、世界のお金持ちたちはブックメーカー馬券を購入するのか?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪富裕層セレブであることを知っていましたか?


いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながら、ちまたで売られる一般馬券ではなくブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。


★ブックメーカー馬券なら資産増大も夢じゃない!?
詳細はコチラ

関連記事

2018年度ドバイワールドカップ観戦!

  1. ドバイワールドカップの観戦チケット ドバイワールドカップ観戦チケットの予約方法 …
  2. メイダン競馬場の行き方・交通手段 メイダン競馬場へ行く交通手段は? 「ドバイワールドカップ」が開…
  3. ドバイワールドカップの服装・ドレスコード ドバイは5月~11月ころまでは日々蒸し暑い日がつづき、最…
  4. ドバイワールドカップ 概要 ドバイワールドカップは、アラブ首長国連邦のドバイミーティング(旧ドバ…
ページ上部へ戻る