レパーズタウン競馬場

1. 概要

アイルランドの首都・ダブリンから南西方向にある競馬場。


1888年に創設され、1967年に「ホースレーシングアイルランド」(レーシングボード)が運営権を握ったことから、レストランやテニスコートなど様々な施設が充実した競馬場になっていきました。( * 現在はアイリッシュターフクラブの管轄



レースではイギリス競馬場を見本にしているためハードなコースが多く、アイルランドの競馬場の中では古馬のハンディレース障害レースを中心に開催されています。


また、世界的G1レース「アイリッシュチャンピオンステークス」の開催地としても知られています。



2. コース特徴

●周回方向: 左回り

●芝コース: 約2800m(平地・ナショナルハント競走)

●ダートコース: -

●障害コース: あり

●主な開催レース: G1レース
アイリッシュチャンピオンステークス(Irish Champion Stakes)
アイルランドメイトロンステークス(Ireland Matron Stakes)
アイリッシュチャンピオンハードル (Irish Champion Hurdle)
12月フェスティバルハードル(December Festival Hurdle)
など



3. 詳細データ

●名称: レパーズタウン競馬場(Leopardstown Racecourse)

●オープン日(開業日): 1888年

●住所: Leopardstown, Foxrock, Dublin 18, Ireland

●電話: +353-01-289-0500/info@leopardstown.com

●FAX: +353-01-289-2634

●公式サイト: http://www.leopardstown.com/

●スタンド収容人数: -

●入場料: -

●開催日: -

●定休日: -

●アクセス: シティセンターよりバスで約30分

●備考: https://www.facebook.com/LeopardstownRacecourse(Facebook)



4. 地図





なぜ、世界のお金持ちたちは海外競馬レースに注目するのか?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪富裕層セレブであることを知っていましたか?


いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながらブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。


★海外競馬なら資産増大も夢じゃない!?
詳細はコチラ

2017年度「凱旋門賞」観戦!

  1. 凱旋門賞の服装・ドレスコード パリは東京の四季とほぼ同じ変化をたどるので、夏季は7~8月が暑さのピ…
  2. シャンティイ競馬場の行き方・交通手段 シャンティイ競馬場へ行く交通手段は? 「凱旋門賞」が開催さ…
  3. 凱旋門賞の観戦チケット 凱旋門賞観戦チケットの予約方法 凱旋門賞の観戦チケットは…
  4. 1. ブックメーカー馬券 おすすめ1位: ウィリアムヒルスポーツ ウィリアムヒルで単…
ページ上部へ戻る