カジノドライヴ

プロフィール

アメリカで生まれた「カジノドライブ」は、約1億円で落札されて日本にやってきた競走馬です。


日本でデビューする際、騎手を振り払って落馬させた上、自身も炎症を発症したことからデビューが遅れた経験を持ちます。



しかし、競馬レースでは豪快で大胆な走りで観客の注目を一身に集め、アメリカのダート重賞「ピーターパンステークス」で日本調教馬初の優勝。


続く「ベルモントステークス」の前日に足を故障し棄権することになったものの、その後は「ドバイワールドカップ」など数々の海外競馬レースに参戦してきました。



2011年に引退、2012年より種牡馬入りし、安平の「社台スタリオンステーション」で供用。


同年200頭に種付けし、2012年の新種種牡馬のなかで最多の種付け数になりました。



詳細データ

●生年月日: 2005年3月7日

●馬種: 牡馬・栗毛

●厩舎: 藤沢和雄舎(美浦)

●馬主: 山本英俊

●生産地: Shell Bloodstock

●血統: 父/Mineshaft、母/Butter Than Honour

●受賞歴: -

●海外競馬の成績・結果
出場年 開催国 レース 距離 着頭 騎手 調教師
2008年5月 アメリカ ピーターパンステークス ダ1800m 01/09 K.デザーモ
2008年6月 アメリカ ベルモントステークス ダ2400m 取/9 E.プラード
2008年10月 アメリカ 条件戦 ダ1700m 01/07 V.エスピノーザ
2008年10月 アメリカ ブリーダーズカップクラシック ダ2000m 12/12 V.エスピノーザ
2009年3月 アラブ首長国連邦 ドバイワールドカップ ダ2000m 08/14
安藤勝己

※ 画像引用元:netkeiba.com/http://www.netkeiba.com/




なぜ、世界のお金持ちたちはブックメーカー馬券を購入するのか?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪富裕層セレブであることを知っていましたか?


いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながら、ちまたで売られる一般馬券ではなくブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。


★ブックメーカー馬券なら資産増大も夢じゃない!?
詳細はコチラ

関連記事

2017年度「凱旋門賞」観戦!

  1. 凱旋門賞の服装・ドレスコード パリは東京の四季とほぼ同じ変化をたどるので、夏季は7~8月が暑さのピ…
  2. シャンティイ競馬場の行き方・交通手段 シャンティイ競馬場へ行く交通手段は? 「凱旋門賞」が開催さ…
  3. 凱旋門賞の観戦チケット 凱旋門賞観戦チケットの予約方法 凱旋門賞の観戦チケットは…
  4. 1. ブックメーカー馬券 おすすめ1位: ウィリアムヒルスポーツ ウィリアムヒルで単…
ページ上部へ戻る