シャドウゲイト

プロフィール

黒鹿毛が美しい日本のサラブレット競走馬「シャドウゲイト」。


これまで数多くの競馬レース記録を残してきましたが、調子が悪い時はとことん成績が伸び悩むクセがある競走馬です。



2005年東京競馬場の新馬戦でデビューするも、「日本ダービー」(旧東京優駿)で16着、「菊花賞」で15着に破れるなど、幸先の悪いスタートを切ることになりました。



しかし徐々に実力を発揮し、2007年「中山金杯」、「シンガポール空港インターナショナルカップ」などで優勝。


シンガポール空港インターナショナルカップ」では、シャドウゲイトとコスモバルクの日本調教馬2頭が1位・2位を独占する結果になったのです。



その後2010年の「中京記念」で1着となり、2012年に競走馬登録を抹消しアイルランドの厩舎「児玉敬舎」に移籍。


初戦はレコードタイムで優勝を果たしました。



2013年よりアイルランドで種馬入りし、現在アイルランドのティペラリー州にあるロングフォードハウススタッドで供用されています。



詳細データ

●生年月日: 2002年3月23日

●馬種: 牡馬・黒鹿毛

●厩舎: 加藤征弘舎(美浦)

●馬主: 飯塚知一

●生産地: 社台ファーム

●血統: 父/ホワイトマズル、母/ファビラスターン

●受賞歴: -

●海外競馬の成績・結果
出場年 開催国 レース 距離 着頭 騎手 調教師
2007年5月 シンガポール シンガポール航空国際 芝2000m 01/13 田中勝春
2007年12月 香港 香港カップ 芝2000m 5/? 田中勝春
2010年5月 シンガポール シンガポール航空国際 芝2000m 除/12 田中勝春

※ 画像引用元:netkeiba.com/http://www.netkeiba.com/




なぜ、世界のお金持ちたちはブックメーカー馬券を購入するのか?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪富裕層セレブであることを知っていましたか?


いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながら、ちまたで売られる一般馬券ではなくブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。


★ブックメーカー馬券なら資産増大も夢じゃない!?
詳細はコチラ

関連記事

2017年度「凱旋門賞」観戦!

  1. 凱旋門賞の服装・ドレスコード パリは東京の四季とほぼ同じ変化をたどるので、夏季は7~8月が暑さのピ…
  2. シャンティイ競馬場の行き方・交通手段 シャンティイ競馬場へ行く交通手段は? 「凱旋門賞」が開催さ…
  3. 凱旋門賞の観戦チケット 凱旋門賞観戦チケットの予約方法 凱旋門賞の観戦チケットは…
  4. 1. ブックメーカー馬券 おすすめ1位: ウィリアムヒルスポーツ ウィリアムヒルで単…
ページ上部へ戻る