ユートピア

プロフィール

2002年秋の「京都競馬」でデビューし2006年まで活躍した、2000年代を代表するサラブレット。


アラブ首長国連邦・ドバイの世界競馬レース「ゴドルフィンマイル」で勝利をおさめ、日本調教馬が海外のダートコースでも重賞制覇できることを証明した、日本が誇る名馬です。



2002年のデビュー戦では5着と成績が振るわなかったものの、次レースの「シクラメンステークス」で初優勝を果たしました。


その後、怒涛の快進撃を続け、2歳で「ダート王」と呼ばれるまでに成長。



中央競馬レース「ユニコーンステークス」では重賞初勝利、「ダービーグランプリ」でも勝利を飾ります。


一時期成績が伸び悩んだ時期もあったものの、統一GI「マイルチャンピオンシップ南部杯」で2年連続の連覇を果たすと、3月開催の世界競馬「ドバイワールドカップ」イベントで重賞制覇の偉業を達成。



2006年にはGI競走馬で2頭目となる海外移籍を発表するも、2008年引退を表明、2014年までアメリカニューヨーク州・サラトガスプリングスにある「マクマホンオブサラトガサラブレッズ」にて種牡馬入りしました。


現在は、トルコの農場で生活しているそうです。



詳細データ

●生年月日: 2000年3月1日

●馬種: 牡馬・栗毛

●厩舎: 橋口弘次郎舎(栗東)

●馬主: 金子真人ホールディングス

●生産地: ノーザンファーム

●血統: 父/フォーティナイナー、母/ドリームビジョン

●受賞歴: -

●海外競馬の成績・結果
出場年 開催国 レース 距離 着頭 騎手 調教師
2006年3月 アラブ首長国連邦 ゴドルフィンマイル ダ1600m 01/10 武豊

※ 画像引用元:netkeiba.com/http://www.netkeiba.com/




なぜ、世界のお金持ちたちはブックメーカー馬券を購入するのか?

日本で「競馬」といえば、新聞片手にレースに集中する年配層や飲んだくれの親父が楽しんでいるイメージが深いギャンブルですが、イギリスフランスアイルランドなど世界競馬の本場ヨーロッパやアメリカ、さらにドバイ香港シンガポールオーストラリアなどの海外競馬では、競馬場観客の多くが大富豪富裕層セレブであることを知っていましたか?


いわゆるお金持ちと呼ばれる彼らは、上流階級の社交場になっている競馬場での一時を楽しみながら、ちまたで売られる一般馬券ではなくブックメーカー馬券を購入し、さらなる資産形成を求めてエキサイティングなスポーツギャンブルに明け暮れているのです。


★ブックメーカー馬券なら資産増大も夢じゃない!?
詳細はコチラ

関連記事

2017年度「凱旋門賞」観戦!

  1. 凱旋門賞の服装・ドレスコード パリは東京の四季とほぼ同じ変化をたどるので、夏季は7~8月が暑さのピ…
  2. シャンティイ競馬場の行き方・交通手段 シャンティイ競馬場へ行く交通手段は? 「凱旋門賞」が開催さ…
  3. 凱旋門賞の観戦チケット 凱旋門賞観戦チケットの予約方法 凱旋門賞の観戦チケットは…
  4. 1. ブックメーカー馬券 おすすめ1位: ウィリアムヒルスポーツ ウィリアムヒルで単…
ページ上部へ戻る